買った会社でリフォームするメリット

物件探しとリフォームの窓口をひとつにすることはどんなメリットがあるのでしょうか。別々の会社に依頼した場合と比較して「買った会社でリフォームするメリット」をご紹介していきます。

物件探しとリフォームの窓口をひとつにすることはどんなメリットがあるのでしょうか。別々の会社に依頼した場合と比較して「買った会社でリフォームするメリット」をご紹介していきます。

打ち合わせ

当社の場合(窓口ひとつ)

一つの会社なのでもちろん打ち合わせも同じ場所で行います。物件現地での打ち合わせの時間調整などは、その会社内で行います。

別々の会社の場合

別々の会社なので、もちろん打ち合わせもそれぞれの会社で行います。物件現地で行う場合は、双方の会社に対し時間調整をお客様が行う必要があります。また、場所が2ヶ所になれば、単純に時間も交通費も余計にかかります。

予算

当社の場合(窓口ひとつ)

お客様の予算のプランニングは、主に物件探しの担当者が行います。リフォーム担当と協力しながら、リフォームの予算も踏まえたご提案が可能です。

別々の会社の場合

別々の会社に依頼した場合それぞれの会社がそれぞれの提案をしてきます。お客様の総予算を考えて提案してくれるわけではないため、予算オーバーになることや、あのときもう少し多めに住宅ローンを申し込んでおけば・・・といった状況になりかねません。それを防ぐためには、ご自身で各会社から情報を収集し、すべてを把握して進めていく必要があります。

スケジュール

当社の場合(窓口ひとつ)

物件探しの担当とリフォーム担当が協力して、物件契約とリフォーム契約をスムースに進行していきます。物件引き渡し後のスムースな着工開始など、お客様の時間的、金銭的負担を軽減するようサポートしていきます。

別々の会社の場合

購入とリフォームを同時にする場合、物件の契約時期、リフォーム内容の決定時期、リフォーム金額の決定時期、ローン申し込みのタイミングなど、さまざまなスケジュール管理が必要となります。別々の会社に依頼した場合、「物件の契約の進行」と「リフォームの契約の進行」を合わせるために、お客様自身でスケジュールを把握し、各会社に正確に伝達する必要があります。

リスク

当社の場合(窓口ひとつ)

物件探しとリフォームを同じ会社でする最大のメリットは双方の担当者がリスクを共有するところにあります。物件でトラブルが起こっても、リフォームでトラブルが起こっても、一つの会社がリスクを負うため、お客様のリスクヘッジを最優先する構造が生まれます。

別々の会社の場合

不動産には隠れた欠陥が存在している場合があり、またリフォームは形がないものですので、双方とも「リスク商品」と言えます。企業としては自社のリスクヘッジを優先するため、双方の情報を集約し、最終的にはお客様自らがリスクを回避するようにしなければいけません。